光保育園 オフィシャルサイト(社会福祉法人 光福祉会) | 京都府 福知山市

今月の園長のお話

2022年7月のお話

海や山の恋しい季節となってまいりました。いよいよ夏本番ですね。

いよいよといえば、今年はコロナ感染も少し落ち着き、園でのプール遊びが3年ぶりに、いよいよ始まります。

久しぶりのプールでありますので、安全面には十分配慮し、水に対する遊び方やマナー、ルールなど、子ども達にはきちんと教えながら、楽しいプール遊びや水遊びを行いたいと思います。

そして、5歳児のお泊り保育も“大呂ガーデンテラス”へと出かけます。

子ども達もとても楽しみにしており、どんどん従来の保育や行事ができることにとても喜びを感じております。

これから、大人も子どもも大変疲れが出やすく、体調が崩れやすくなりますので、食事・睡眠・水分は十分にとり、月曜日にはすっきりして登園や出勤できるよう、お出かけなどは計画的に行いながら、よりよい夏を過ごしていきましょう。

ページトップへ
2022年6月のお話

だんだんと日中が暑くなってまいりました。

先月は、六人部地域公民館様、六人部地域民生児童委員協議会の皆様方から、大変きれいなお花をいただきました。

また、エスペック様よりゴーヤの苗もいただき、現在保育園の庭にはたくさんの花や苗が植わっており、ご提供いただきました皆様方には、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

子ども達は、植物の成長や変化にとても敏感で、そこに寄って来る虫などにも興味を持ち、じーっと観察しながらとても喜び楽しんでおります。

これから梅雨に入りますが、雨にも負けず明るく元気に過ごしてまいりましょう。

ページトップへ
2022年5月のお話

5月といえば、こどもの日。 もともと5月5日は「端午の節句」で、男の子の健やかな成長や幸せを祈ってお祝いをする日でした。 

しかし、1948年に5月5日を「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と決められてから、端午の節句の日が、こどもの日となったそうです。

そのため、本来は男の子のための日でしたが、今では子ども達みんなをお祝いするようになり、子どものお祝いだけではなく、「お母さんに感謝する」という意味も含まれているようです。

こどもの日をきっかけに、「ありがとう」を伝え合うのもいいかもしれませんね。

ページトップへ
2022年4月のお話

ご入園・ご進級おめでとうございます。

うららかな春の日差しが心地よく、とても過ごしやすい季節となりました。

新しいお友だちも増え、慣れないお部屋で泣いてしまったり、気持ちが高ぶったり、とてもにぎやかな毎日になりそうです。

4月は、友達や担任の先生との信頼関係を築いていくにあたり、とても大切な月となります。

生活リズムや体調変化が崩れがちになりますので、少し早い目の就寝に心掛けていただければと思っております。

これから、職員一同新たな計画をたて、充実した毎日を送る子ども達の成長をとても楽しみにしておりますので、保護者の皆様方には、色々とお願いをさせて頂くことが多々あろうかと思います。

引き続き園に対します変わらぬご理解ご協力賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ
2022年3月のお話

保護者の皆様方には、まん延防止等重点措置の中、何かとご理解ご協力賜っておりますこと心よりお礼申し上げます。

ようやく厳しい寒さから解放され、暖かい日差しが心地よく感じられる季節となってまいりました。

子ども達は、ここ数ヶ月自宅で過ごすばかりで、大変息苦しく何らかのストレスを抱えているのではないかと心配している中、そんなストレスを少しでも解消しようと、園では、晴れた日には園庭に出て鬼ごっこや鉄棒かけっこなど目一杯、時間の許す限りお友達と楽しく遊び、屋外での充実した保育に取り組んでまいります。

年度の最後となる3月、大変なご時世ではありますが、みんなが「一日一笑」元気よく笑って1年を無事に終えられるよう過ごしていきましょう。

ページトップへ
2022年2月のお話

年明け早々から1月は急速にコロナ感染が広まり、ご家族の皆様方には様々なご配慮いただきましたこと、まずもって心より厚く御礼申し上げます。

2月は年度の終わりを迎える直前でもあり、一つ上の階段を上がる準備に入ります。 ただ、クラスの子ども達が、全て足並みをそろえなければならないというものではなく、一人一人が持つ力を発揮し成長していくことが、一番大切であると考えております。

子ども達も少し大きいお兄さんお姉さんになれることで、小さな喜びを感じ、大きな期待を膨らませながら過ごしておりますが、保護者の皆様方も、子ども達が一つ歳を重ねることで、子どもの成長の小さな変化に気づき、大きな喜びを感じながら過ごしていただきたいと思っております。

ページトップへ
2022年1月のお話

新年明けましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、ご家族お揃いで新年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。 

本年も何かとお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

今年の干支は寅。 寅年は、芽を出したものが「成長していく」年や、これから成長する物事の「象徴が生まれる(始まる)」年と言われております。

光保育園の子ども達も、できなかったことができるようになったり、言葉の語彙力が増したり、それぞれ新たな芽が出せるよう、実りある一年にしていきたいと思っております。

年長のつばさ組さんも、いよいよ小学校へ通う年となります。

残り数か月、最後まで充実した園生活が送れるよう、体には十分に気を付けながら毎日笑って過ごしていきましょう。

ページトップへ